2018/09/19

【お知らせ】9/23 ラジオ出演@J-WAVE(東京)


箱義桐箱店さんに行っている、まさにその時、ラジオ番組に出していただける事になりました。

東京のラジオ局 J-WAVEさんの番組に出演させていただきます。
箱義さんでの展示と、加賀ゆびぬきについて紹介させていただきます。

すでに収録は済ませているのですが、アナウンサーのレイチェル・チャンさんの声がとっても優しくて、お話も丁寧に聞いてくださって嬉しかったです。

朝の放送ですが、お時間のある方はぜひお聞きくださいませ。

---------------------------------
2018年9/23(日)朝6時~9時
ラジオ局:J-WAVE
SUNRISE FUNRISE 内
【CRAFT MARKET】コーナーにて 6:30~6:45ごろ

【お知らせ】加賀てまり 加賀ゆびぬき展@東京

今年も東京・谷中の箱義桐箱店さんで毬屋の品物を置いていただけることになりました。Twitterでは告知してましたが、こちらでのお知らせがすっかり遅くなってしまいました。

今週の土曜(9/22)から始まります!

はじめの二日間はわたしも会場におりますので、遊びにいらしてくださいませ。
できれば実演などして、お見せできればと思っております。




加賀てまりや、加賀ゆびぬきをお持ちするほか、根付けや、こてまりの針山などいつもの品物も持って行きます。


材料のキットもあります。
ご好評いただいた毬屋オリジナルのバイアス12色セットも、またお持ちします。
てまり用の絹糸セット、ゆびぬき用の絹糸セットもあります。

 
加賀てまり模様のオリジナルピンズ。
襟元やバッグなどにつけて、楽しんでくださいませ。上下を気にせず使えるので、わたしも気に入っています。


「毬屋限定 特注色12色セット」もお持ちします。
今年は、数年ぶりに加賀ゆびぬき用に毬屋オリジナルの絹手縫い糸を染めました。わたしの好きな鮮やかな色ばかりです。好きな色なので、夏に作ったゆびぬきには、あちらこちらに使いました。

どんな色なのか見てから買いたいと思っていた方は、ぜひいらしてくださいませ。


品物を準備するのに追われて、あまり案内状をお出し出来ていないので、ごめんなさい。
ぜひお誘い合わせのうえ、加賀てまり&加賀ゆびぬきを見にいらしてくださいませ。

お待ちしております。

→箱義桐箱店 谷中店ブログはこちら

--------
加賀てまり 加賀ゆびぬき展
日時:2018年9月22(土)~10月31日(水) 期間中無休
時間:10:30~19:00
会場:箱義桐箱店 谷中店(東京都台東区谷中3-1-5)

加賀ゆびぬき作家 大西由紀子在廊日
9/22(土)~9/23(日) 10:30~17:30

2018/02/01

2月のおしらせ

結局、年賀状をつくらないまま2月になってしまいました。
こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。

この冬は寒さが厳しいですね。もう、春が待ち遠しいです。

わたしは1年のはじめに、その年のゆびぬきの土台をまとめて作ってしまうのですが、今年も160個ほど色とりどりの土台を作りました。真綿を巻く前の状態の土台です。1年に160個も作るわけではなく、色を選べるように多めに作っております。

土台とはべつに、新年によくするのは針山作りです。半端な絹糸を捨てずにガラスの瓶にためておいて、その色とりどりの糸を綿のかわりに中に詰めて針山にします。わたしは柔らかく針がすっと通る針山が好きなので、糸をつめて作る針山はぴったりなのです。

今年は、去年の春に買っておいた不思議な形の器を針山にしました。犬?馬?よくわかりませんが、とても可愛くなったと満足してながめております。背中に散らしたクローバーの待ち針が似合っています。



いくつかお知らせがあります。

★イオン化粧品さんがやっているサイトで、インタビューを載せていただきました。
なんと動画もあります。

SHIMICOM by ION Kesho 2月のインタビュー


★NHK金沢放送局の夕方のニュース「かがのとイブニング」で週に一度のコーナー「いしかわの壺」にて加賀ゆびぬきが取り上げられました。バックナンバーをこちらで見ることができます。石川に詳しくなりたい人は、そのほかの特集もぜひご覧ください。

いしかわの壺 「加賀ゆびぬき」の壺 2018年1月16日放送分
 
★2月22日(木)に博多阪急さんでWSをします。時間内には仕上がりませんが、いっしょにちくちくお針仕事しましょう。販売はありません。
 ただいま予約受付中ですので、お申し込みは阪急さんへご連絡ください。

金沢能登物産展特別企画 「大西由紀子さん、中村英美さん」による 加賀ゆびぬきづくり

どうぞよろしくお願いします。

そうそう、最後にTwitterに載せたお気に入りの写真を付け足しておきます。
昨年12月の大雪のときに、大喜びで尾山神社で撮りました。
リスは樹山さんという作家さんの作品です、とても可愛いです。


2018/01/02

謹賀新年2018年

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

旧年中はたいへんお世話になりました。
おかげさまで無事に加賀ゆびぬき公募展も開催することができました。
全国のゆびぬき好きのみなさまのおかげです。
次回はまた3年後だとすると2020年あたりに開催できたらいいなと思っております。

前回の更新から1年経ってしまいました。最近はTwitterのほうがまだ頻繁に更新しております、すいません。あまりにこちらが更新されないと、元気ですか?と心配いただいたりもしましたが、元気にやっております。

昨年秋から、ののいち市の地域FMであるFMーN1さんで月に1回ラジオに出させていただくようになりました。お近くの人はFMで、遠い場所の人はネット経由で聞くことができます。おしゃべりはまったく不得手ですが、新しく挑戦中ですので、お時間のある方は聞いてみてください。まだほんの数回ですが、話題と語彙力のなさを毎回痛感しております。

→FM-N1 毎月第1水曜日 生活いちばんシャトル便



ことしも、ゆるりとおつきあいくださいませ。

2017/01/01

謹賀新年2017



旧年中はたいへんお世話になりました。
ことしもどうぞよろしくお願いします。

年が明けたのでにわとり絵など描いてみました。

今年は5月に第3回加賀ゆびぬき公募展(@金沢21世紀美術館)を予定しております。
加賀ゆびぬきの会のみんなで、たのしい展示会になるよう準備していきますので、参加者のみなさま、来場者のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

金沢宿泊を予定されているみなさまは、ホテルをなるべく早くに予約されますようおすすめします。連休近くなると、ほんと泊まれませんのでお気をつけください。


個人的な抱負としては、楽しくたくさんゆびぬきを作る、というほかに「よく観察する」というのを課題にしたいと思います。実力のある作り手さんというのは、ものを観察する力がとても秀でているなと感じることが多いです。私も、もっともっと観察力を高めて、もの作りに生かして行きたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

2016/12/29

象嵌体験してきました

26日で毬屋の今年の営業が終わりました。
たくさんの方にお世話になりありがとうございます。
このあとは、まだ作らなければいけない加賀ゆびぬきを作ったり、加賀ゆびぬき公募展の募集にやきもきしたり、店の棚卸をしたりして過ごします。

そんな中、きのう28日はお店が一段落したら行きたかった象嵌の工芸体験に行って参りました。
金沢城のすぐそばにあるギャラリーセーブルさんです。

象嵌というのは、金属の一部を彫ってそこに別の金属を埋め込んで模様にする技術です。
加賀象嵌は、彫るときに中の方を広くするので埋め込んだ金属がはずれにくく丈夫なのだそうです。体験では、線象嵌か魚々子(ななこ)象嵌を選んで、ちょっぴりだけその技を指導していただけます。

私は魚々子象嵌にしました。葉っぱの形の小さく薄い土台に、ドリルで小さな穴をあけ、銀を埋め込んででっぱりを丸めて仕上げます。穴を貫通させると失敗なのですが、さっそく2箇所も貫通させました。10倍ルーペで穴を確認しながらの作業ですが細かくて難しかったです。でも楽しい。


こちらは、線象嵌の仕上げ磨きをしているところ。磨く作業があまりに繊細で、先生の出番多数でした。


できあがったら、金具をつけていただいて完成です。うれしい。


朝から雪が降る寒い日でしたが、雪がやむと青空が広がっていました。
体験のあと、午後はひさしぶりに近所を散歩しました。初詣の準備がすすむ尾山神社~金沢城のあたりをぐるりとまわります。



きれいな青空!冬に青空は珍しいので、見ると、そわそわします。貴重な日光なのです。




お城の枯れ枝が、赤いきのこのようなもので覆われていました。
キノコ?粘菌?
粘菌だとしたら、今日あたりまた違う姿になっているのかもしれませんが、仕事してたら行けませんでした。なんというものなのか、めちゃくちゃ気になってます。



図鑑が好きなので、いろいろ持っておりますがきのこ図鑑は持っていません。これを機に買うのもいいなと思っているところです。

2016/12/21

古いゆびぬきを探して

古いゆびぬきを探すのは難しいです。
骨董品店で見つけたりしますが、どの地方で、どんなゆびぬきが作られていたのかをまとめた書物というのは見たことがありません。

加賀ゆびぬき公募展の準備であたふたしているところですが、きっかけがあって近く愛媛に行ってくることになりました。大学時代の友人にも会います。何年ぶりでしょうか。

愛媛と言えば、以前お客様から「道後温泉のそばで、手作りの愛らしいゆびぬきが売っていた」という情報をいただいています。

写真もあります。こんなのです。
ひもが飛び出しているのは、ひもにぶら下げて店頭に置かれていたからです。


できることなら、現地でわたしもゆびぬきに出会いたい!!


とは言え、かつて売っていたらしいゆびぬきはかなり高齢の方が作っていたものらしいので、同じ人の作品が今もあるとは思えません。

それに松山には、戦前の暮らし資料を扱った資料館や博物館はないのです。
どうしたものでしょうか。

松山市役所に問い合わせてみたところ、愛媛県立図書館にて蔵書のリファレンスサービスをしていると教えていただいたので、こちらへも問い合わせのメールを出してみました。こういう調べ物は慣れていないので、へんてこな文章を送ってしまったかもしれませんが、後の祭りです。

松山市、道後温泉あたりで、手作りのゆびぬきの情報探しております。何かご存じの方はお知らせください。